読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーアンドアイ 就活生応援ブログ

半不良社員による、弊社の話や就活の話やITの話

第五回:ピーアンドアイはどんな人が多い?って話

こんにちは!
みなさん就活いかがですか。


さて、今回はピーアンドアイの「人」についてお話しようかな―と思います。
企業で一番大事なとこなのになんで第五回まで引きずったんだよ!
……って言われるかもしれませんが、まぁそこはフィーリングです。
フィーリング。


で。
端的に言うと、変わった人が多いです。

……
(ここで突如二年目社員である私は不安になる。
これはどう考えても、「お前が言うな」と社員の方々から合唱される流れである。
そういえば、このブログ……どうやら……弊社の大変エライ人も目を通して下さっているようで……

buzip.net

↑大変エライ人

……
プレッシャーに負けないぞ☆

……はい。
「変わった人」だと少しふわっとしているので、もう少し具体的に言いましょう。

モノをはっきりと言う人が多いです。

社会人だから当然でしょう?
……とも思われてしまうかもしれませんが。
それでもあえて言えば、傾向としてそういった人が多い会社のような気がします。

自分より立場が上の人であっても、思ったことをズバッという方が多いですね。

これは先輩社員から聞いた話なのですが、IT業界で生きるならばただの「イエスマン」ではダメだとのこと。
顧客の要求にとりあえず全て「はい」と答えるだけでは、絶対にダメだ、と。

もちろん顧客の要求を高度に満たすことは大事でしょう。
「だからこそ、しっかりと話し合って双方が最も納得の行く解答を探す」
弊社が大事にしているのはそういうことなのかもしれません。
それは相手が顧客であれ上司であれ、変わりはないと。

だから、納得行くまで最適解を執念深く探る方が多いと思います
あくまでも主観ですが……
ちなみに私は色んな方々から「めんどくさいヤツ」と認識されております。
僕そんなめんどくさいコトしましたっけ???
めんどくさくないですよね!新宮さん!(注:弊社採用担当です。凄い人生を歩んでます)

と、あたかも弊社が魔窟であるかのような表現をしましたが、実際はそんな人ばかりではございません。
……ございませんよね??新宮さん?(注:弊社採用担当です。物凄い人生を歩んでます)


そういえば私の代(昨年入社の二年目)は採用担当が「君らの代は濃すぎる」と言うくらいなのですが、今年入ってきた新人さんは比較的大人しめ?の方が多いような。
全体としてバランスが取れているのかもしれませんね。

さて、話は変わりますが、弊社は今年タイに子会社である株式会社ピーアンドアイ タイランドを設立いたしました。
とにかく激動です。会社全体としてもかなり動いています。
副社長を兼任しているウチの部門長などは、
「次にタイに行きたい奴はどこのどいつだ!!!!!」
と叫び回っています。(部門長のことに関してはあることないこと書いてるので真に受けないで下さい)


今は管理職クラスの方が挙手してタイに出向している形なのですが、今後はどんどん海外での開発も増えていくと思います。
……あ、半沢直樹みたいなの想像しないでくださいね。ガチで挙手ですから。

色んな業務形態が増える中、色んなタイプの人が求められています。
会社としても勢いの良い変革を求めています。

次のピーアンドアイを作るのは、貴方です!!

と、半ば強引にシメたところで、今回の記事はここまで。
お読みいただき、ありがとうございました。
ではまた次の記事で。
……なお、この記事でピーアンドアイの「人」については語り尽くせないので、また別の機会にもっと語りますね。